A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

A8キャンパスブログ

アフィリエイトリンクとは?種類・取得方法・注意点を解説

アフィリエイトリンクとは、アフィリエイターがASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)から報酬を得るため自分の記事内に設置する、特別なパラメータが含まれたリンクのことです。
この特別なパラメータからは、「どのASPのものか」「どのプログラムか」「だれの記事からきたのか」などがわかるようになっています。アフィリエイトリンクを経由した先で、記事に訪れたユーザーが商品を購入したかどうかが分かるのは、このパラメータがあるためです。

アフィリエイトリンクを設置しなければ、報酬が発生することはありませんので、ASPに登録したアフィリエイターがまずおこなう作業が、このアフィリエイトリンクを自身のサイトに設置することになります。
このアフィリエイトリンクはASPから発行されるものですが、記事に設置するときに間違ってパラメータを消してしまうと、仮に商品が購入されても報酬は発生しなくなるため気を付けてください。

 

アフィリエイトリンクには発生を確認するための重要な情報が入っている。改変してしまうと発生しなくなる可能性もあるので、アフィリエイトリンクの改変は禁止となっています。

アフィリエイトリンクは大きく2種類

アフィリエイトリンクは、大きく「広告リンク」と「商品リンク」に分かれます。
広告主から提供された広告素材を使って作成するリンクを広告リンク、自分で用意した素材で作成するリンクが商品リンクです。広告リンクは全プログラムで利用できますが、商品リンクは広告主によって利用可否が定められています。
A8.netのプログラム検索画面から商品リンクの利用可否を確認することができます。

 

広告リンク 商品リンク
バナータイプ バナー生成
テキストタイプ テキスト生成
メールタイプ フリー素材生成

 

またこれらのリンクは、上記のように3つの種類に分かれ、記事によって使い分けが必要です。

 

広告リンクとは?

バナータイプ

バナータイプとは「バナー」と呼ばれる、画像形式の広告リンクのことです。バナー画像には商品写真や消費者へのメッセージがまとめられていて視覚的にアピールしたいときに有効なリンク形式です。

バナーは、PCやスマートフォンなどの環境に合わせたサイズを広告主で用意しています。もしサイズに迷うようなら、PCとスマホでちょうど良い、「300×250」サイズのバナーを選ぶといいでしょう。

バナータイプのデメリットは、バナーを貼ることで記事内の広い面積を広告リンクにとられてしまうことです。スマホの場合、指で画面をスクロールする際にバナーを触ってしまい意図せずページ遷移がはじまることがあり、ユーザーストレスの原因になりかねないのでバナーリンクの使いすぎには注意が必要です。

 

 

テキストタイプ

テキストタイプとはテキスト形式の広告リンクで、文章を読んだ流れで自然と目にとめてもらいやすいリンクです。バナータイプと比べると、クリック(タップ)できる面積は少なくなりますが、スマホユーザーによる誤タップの可能性も低くなります。

設置時の注意として、リンクの色が分かりづらいと、読者にリンクだと認識してもらえないことです。例えば、多くの人が使っているGoogleやYahooなどの検索エンジンでは、青色のリンクが使われています。リンクの色に迷うようなら、多くの人が見慣れている青色を使うといいでしょう。

 

 

メールタイプ

メールタイプとは、広告主で用意しているメール用の素材を、そのままメールに貼り付けて使うタイプのリンクです。メールマガジンでは、HTMLコードがそのまま表示されてしまうので、間違ってバナータイプやテキストタイプの素材を貼り付けないように気を付けてください。

 

 

商品リンクとは?

商品リンクは、自分で用意した素材やテキストを使って作成するアフィリエイトリンクで、リンク先のURLも自分で設定できます。
自分でリンク先のURLを設定できますが、リンク先URLの一部が広告主から指定されている場合があります。例えば、「https://test/aaa」内に設定してくださいと、指定されている場合は「https://test/bbb」のページはリンク先として設定することはできません。

商品リンクの注意点は「商品リンク作成」画面の最上部に記載されているので、良く確認してからご利用ください。商品リンクは「バナー生成」「テキスト生成」「フリー素材生成」の3つから生成できます。

 

 

バナー生成

商品リンクのバナー生成とは、広告主のサイトのなかで使われている画像とリンク先を、アフィリエイターが選んで作成することです。基本的に広告主サイトにある画像であれば好きに利用できますが、プログラムによって、広告主から注意点が提示されている場合もあります。
特に注意点の提示がない場合でも、人物やキャラクターが含まれた画像は著作権法に抵触する可能性があるので利用はお控えください。

ちなみにバナーの生成用に選んだ画像は、サイズを操作することができません。そのため大きすぎる画像を選ぶと、自身のサイトに合わないこともあるため注意してください。

 

広告主サイトにある画像のURLを入力してリンク先を指定することでバナーリンクを作成できる
※掲載サイトの選択は忘れずに!

テキスト生成

自分で考えたテキストと、広告主へのリンク先を設定してテキストタイプの商品リンクを作成します。訴求力を高めるためにテキストを工夫できることが特徴です。ただし、テキスト内容が不当なアクセスを誘発するような表現になっている場合、直ちに提携解除になるのでご注意ください。また、広告主URL以外へのリンクを作成し使用した場合についても提携解除となる場合があります。

 

自分の好きなテキストを考えて入力し、リンク先を指定することでテキストリンクを作成できる
※掲載サイトの選択は忘れずに!

フリー素材生成

フリー素材生成とは、アフィリエイトリンクのURLのみ生成するものです。http://●●●のようにリンクURLだけの生成なのでメールマガジンへの掲載に使われています。広告主のURL以外へのリンクを作成し使用した場合、提携解除となる場合があるのでご注意ください。

 

リンク先URLを指定することでアフィリエイトリンクのURLのみを作成できる
※掲載サイトの選択は忘れずに!

 

アフィリエイトリンクの取得方法

アフィリエイトリンクを取得するまでの大まかな流れは以下の通りです。

 

  1. ASPに会員登録(A8.net無料会員登録はこちら
  2. プログラム提携申請
  3. 提携承認
  4. リンク作成

 

ASPへの登録は無料ですし、プログラムの提携も簡単なので気になる広告を探して気軽に提携申請をしてみましょう。提携承認されるとアフィリエイトリンクの作成ができるようになります。

 

アフィリエイトリンクの作成方法

アフィリエイトリンクの作成方法はASPにより異なるので、それぞれのASPのヘルプページを参考にしてください。例として、A8.netでのアフィリエイトリンク取得方法を解説します。

 

広告リンクを作成する場合

  1. グローバルナビゲーションにあるプログラム管理の「参加中プログラム」をクリック
  2. プログラムを選び「広告リンク」ボタンをクリック
  3. 掲載サイトを選び広告タイプ、バナーサイズを指定して「広告リンクを表示」ボタンをクリック
  4. 掲載したい広告リンクを選んで「素材をコピーする」をクリック

広告リンクの掲載方法はこちら

商品リンクを作成する場合

  1. グローバルナビゲーションにあるプログラム管理の「参加中プログラム」をクリック
  2. プログラムを選び「商品リンク」ボタンをクリック
  3. バナー、テキスト、フリー素材生成から1つを選ぶ
  4. URLなど必要情報をフォームに入力後「商品リンク作成」ボタンをクリック
  5. プレビューを確認し、問題なければ「素材をコピーする」ボタンをクリック

商品リンクの掲載方法はこちら

※商品リンクを作成する場合はPC管理画面からの操作が必要です。
※商品リンクが作れないプログラムもあるので各プログラム情報をご確認ください。

 

アフィリエイトリンクの注意点やよくある疑問

アフィリエイトリンクの注意点はリンクコードの改変を行わないことです。コード改変はASPの利用規約で禁止されています。改変を行わずにASPで生成したリンクコードをそのまま貼り付けるようにしましょう。

リンクコードを改変してしまうと成果が発生しなくなったり、ASPが提供しているレポート機能に正しいデータが反映されなかったりする可能性があります。

 

A8.netの「広告リンクコード(タグ)の改変」について

A8.netでは、提供している広告の成果計測の正確性を担保するため、原則として広告リンクコードの改変はご遠慮頂いてます。
しかし、「aタグ」の一部の属性の追加に関してはメディア会員様のご判断にてご対応頂く事については、「広告リンクコードの改変行為には当たらない」という判断とさせていただいてます。
詳細はA8スタッフブログをご確認ください。

 

アフィリエイトリンクのコードがそのまま表示されてしまう時がある?

記事更新画面にそのままアフィリエイトリンクのコードを貼り付けてしまうと、コードがそのまま表示されてしまうことがあります。

その際には、コードの貼り付けができるモードへの切り替えボタンがあるので、切り替えてから貼り付けることで正しく広告リンクが表示されるようになります。

例えば、WordPressであれば「ビジュアルモード」「テキストモード」の2種類あるのですが、テキストモードにすることでアフィリエイトリンクのコードを貼り付けることができます。

 

※WordPressのテキストモードへの変更は記事作成画面のここのタブからできます。

 

アフィリエイトリンクを貼りすぎると悪影響?

記事にアフィリエイトリンクがあるからといってSEO上の問題はないとGoogleのアナリスト、ゲイリー・イリーズ氏がツイートしています。ただし、記事内容が薄いうえにアフィリエイトリンクが大量に貼ってある記事は、悪影響のでる可能性があるので注意が必要です。

参考:https://twitter.com/methode/status/841526340432101377

 

こちらもチェック

    関連記事はありませんでした

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら