A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

中上級者向け講座

サーチコンソールの設定と活用方法

第3回目となる今回はサーチコンソールの設定と活用方法について解説していきます。

サーチコンソールが何か分からない方もいると思うので基礎的なところから解説します。オリジナルでサイトを制作している方はぜひ、使ってみてくださいね。

 

サーチコンソールとは?

サーチコンソールは記事のインデックス状況やサイトに問題が無いかチェックするために使えるGoogleが提供している無料ツールです。

 

インデックス状況という言葉が出てきましたが、インデックスとはGoogleの検索結果にページが認識されることを指します。

「ページがGoogleにインデックスされた!」というのはGoogleの検索結果にご自身のサイトのページが表示されるようになったということです。

 

サーチコンソールを使えばページ毎(記事毎)にURL検査を行うことができ、インデックス状況を確認できます。

また、サイトにセキュリティ上の問題がある時や、スマホに最適化されていないとGoogleが判断している場合もサーチコンソールから詳細を確認できます。

 

サーチコンソールの始め方

サーチコンソールを始めるにはサーチコンソールのサイトからサイト情報を登録します。

サーチコンソールはGoogleが提供しているものなのでGoogleアカウントでのログインを求められます。

もし、Googleアカウントをお持ちでない場合は取得してから登録する必要があります。

 

Googleアカウントをお持ちの場合はサーチコンソールのサイトにアクセスして「今すぐ開始」をクリックし、案内に従って登録をしてください。

サーチコンソールはこちら

 

登録を進めていくとサイトの所有権の確認の画面になります。

サイトの所有権の確認方法は複数ありますが、一番簡単なのが事前にGoogleアナリティクスの導入を済ませておくことです。

Googleアナリティクスを利用中であれば所有権の確認がGoogleアナリティクスアカウントを利用してできるので簡単です。

Googleアナリティクスの導入がまだの方はこちら

 

サーチコンソールの活用方法

サーチコンソールでは様々な情報を確認することができますが、使い始めた頃は何から見ればいいのか分からないと思います。

慣れるまでは毎日、サーチコンソールの画面を見るようにしてほしいのですが最低限、見ておきたいところを3つまとめてみました。

 

リライトした記事をGoogleに伝える

サーチコンソールでは記事を書いた後になるべく早くGoogleにインデックスしてもらうためGoogleにインデックスの登録をリクエストする機能が備わっています。

記事を書いたときや記事を書き直した(リライトした)時にインデックス登録をリクエストしておきましょう。

 

やり方ですが、サーチコンソール左メニューにある「URL検査」をクリックすると画面上部に記事のURLを入力するフォームにフォーカスが当たるので入力してください。

 

 

URL検査結果がでますので、「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

これで、Googleにインデックス登録のリクエストができたことになります。

 

 

ページ毎にGoogleが認識しているキーワードを確認する

記事を書くときにはどんなキーワードで検索された結果に表示させたいのかを予め決めます。

記事の書き方については「7回目 アフィリエイト記事を投稿するまでの7ステップ」をご参照ください。

しかし、実際に想定していたキーワードで認識しているとは限りません。ときどき、自分が想定していなかったキーワードがGoogleに認識されている場合もあります。

そんなときにはサーチコンソールで記事がどんなキーワードで認識されているかを確認することができます。

 

サーチコンソール左メニューにある「検索結果」をクリックしてください。

表示された画面に「検索タイプ」「日付」「+新規」が表示されている場所があります。

 

 

「+新規」をクリックして「ページ」をクリックすると記事のURLを入力する画面が表示されるので入力して「適用」をクリックします。

 

 

グラフ下の「クエリ」に検索キーワードがずらりと並んでいると思います。

このクエリというのがキーワードのことです。

ここで特定の記事に対してどのキーワードで何回、検索結果に表示されていて、何回クリックされているのかが確認できます。

 

 

このクエリを確認して、自分が想定していないキーワードで表示されていた場合は記事を見直すきっかけになります。

また、表示回数が多いのにクリック数が少ない場合は「記事タイトルがユーザーの検索意図とマッチしていないのかな?」などの仮説を立てることもできますね。

 

このようにサーチコンソールを記事改善に利用することができます。

 

スマホ最適化に関するエラーを確認する

最近では、スマホ利用者の増加でスマホからのアクセスが多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

スマホでサイトにアクセスされた際に、ユーザーにとって見にくくなっていないかをGoogleがチェックしてくれます。

 

サーチコンソール左メニューにある「モバイルユーザビリティ」をクリックしてください。

 

 

すると、「エラー」「有効」と表示されていると思います。

このエラー部分が多いとスマホでアクセスした際に問題がある可能性が高いのでサイトの修正をする必要があります。

 

 

エラーをクリックすると、画面下に詳細が表示されます。

「テキストが小さすぎて読めません」「クリック可能な要素同士が近すぎます」などスマホのユーザビリティに影響を与えるような注意点を表示してくれます。

 

 

詳細をクリックすると、該当するページが一覧で表示されるので見直してみてください。

問題が解決したら、「修正を検証」というボタンがあるので早速検証して改善されているかを確認してみましょう。

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら