A8.net アフィリエイトコラム

マーケティング活動に役に立つ、ノウハウコラムをご紹介します。

ASPカートで自社ECサイトを構築するには?メリデメ・選び方・各社ASPカートを解説

ASPカートで自社ECサイトを構築するには?メリデメ・選び方・各社ASPカートを解説

  • 2022/2/18
  • 2022/06/28
「そもそもASPカートって何?」
「ASPカートってどんなメリットがあるの?」
「ASPカートは何を選べばいいの?」
自社のECサイト構築を検討中の方は、誰しも一度はASPカートの導入を検討したことがあると思います。しかし、いざASPカートを検索してみると、様々なサービスがありどのカートを選んだらいいのか途方に暮れることもしばしばです。
そこで本コラムではそんなお悩みを解消すべく、ASPカートの基本情報・ASPカートのメリット・デメリット・代表的なASPカートの特徴を紹介していきます。
本コラムがASPカートを選ぶ手助けとなれば幸いです!

資料請求はこちらから!

ASPカートとは

はじめにASPカートの概要として基本となる事項とメリット・デメリットについて解説していきます。

ASPカートの基本

ASPカートとは、ECサイト構築に必要となるシステムをインターネット経由で利用できるサービスです。ASPカートのASPとは“Application Service Provider”の略で、クラウド上に用意されたアプリケーションとしてショッピングカートを提供しています。

アプリケーションソフトを利用するので、PC・サーバーなどのハードウェアにインストールする必要がなく、どのデバイスからでも手軽にアクセスできるのが魅力です。

カートには商品管理・決済機能などECサイトの運用に必要な機能がそろっており、専門知識を持っていない方でもネットショップ運営が可能となっています。

また機能面のみならず、サイトを構築するためのデザインテンプレートなども用意されているため、理想のECサイトを実現するために多くの事業者に利用されています。

ASPカートのメリット

ASPカートのメリットをお伝えしていきます。

  • ECサイト設定の簡単さ
  • 導入コストの安さ

ECサイト設定の簡単さ

エンジニア不要で導入できるのはASPカートの大きな魅力です。完成したアプリケーションを利用するため、Webの専門知識を持っていない方でも短期間で導入設定が可能です。

デザインから機能選択まで簡単に設定でき、開発の手間がかかりません。ユーザーサポート体制も整えられているため、分からないことがあれば担当に相談することができます。

導入コストの安さ

数百万の規模で費用がかかる他のEC構築方法に比べて、導入・運用コストが安いという点がASPのメリットです。

またオープンソースカートのように開発の必要がなく、システムの運用・保守もASPカートのサービスに含まれているため、人件費や開発費用といったコストも抑えられます。

ASPカートのデメリット

続いてASPカートのデメリットをお伝えしていきます。

  • 他システムとの連携が難しい
  • カスタマイズの幅が狭い

他システムとの連携が難しい

ASPカートでは外部システムとの連携が難しいという特徴があります。例えばCMSなどのECサイトと連携して使いたいツールがあっても、ASPカートの仕様上不可能な場合があります。連携ツールが決定しているのであればあらかじめ公式サイトでの確認やサポートへ問い合わせしてみましょう。

カスタマイズの幅が狭い

デザインテンプレート・アプリ連携機能などが充実している反面、大幅なカスタマイズが困難です。

特にカートページから決済ページまでのデザインや関連する機能は固定のものである場合があります。

ASPカートごとによってカスタマイズできる部分に差があるため、オリジナリティのあるECサイトを作成したい場合は導入前に念入りに比較検討していきましょう。

ASPカートの選定ポイント

ASPカートを選ぶ際には、自社がどのようなニーズでカートを導入するのか・そのジャッジポイントを知る必要があります。

本章ではASPカートについてどんなユーザーにASPカートが向いているか・ASPカート選択時の選定ポイントをベースに選び方の基準をご紹介します。

どんなユーザーにASPカートが向いているか?

管理リソースを削減したい方

ネットショップを導入したい方の中には少人数体制での運営を検討している方も多いはずです。ASPカートではそんなニーズに応え少人数でのECサイト運営を可能とするシステムとなっています。

例えば、管理画面上でチェックボックス一つで必要な機能を実装できたり、デザインを変更できたりと、システム設計やコーディングなど細かい知識を使わずサイト構築から運営まで可能です。

端末・環境を選ばずサイト管理運営したい方

クラウド上での管理となり利用端末も場所も選びませんので、複数人での運営をしたい方にはASPカートは相性が良いと言えます。またカート会社のセキュリティ対策も万全であるためサイト管理・運営で自社外から行う頻度が高い環境の方にもお勧めできます。

海外向けにビジネス展開したい方

複数言語での対応や決済機能が充実しているASPカートが存在するため、海外向けのビジネス展開目的で越境ECサイトを開く際にもASPカートを利用できます。

海外展開されているASPカートではオリジナルのマーケティングアプリが用意されているものもあるため、海外向けのECサイト構築に一役買ってくれます。

ECモールから自社ECへ移行したい方

現在ECモールにのみ出店中で自社ECへ移行を検討している方にもASPカート導入の検討をおススメします。

既にECモールでショッピングサイト運営の基礎を学んだ方にとっては、抱える課題によって自社ECの切り替えが急務となっているかもしれません。

特に出展料・ロイヤリティを省略したい方・ブランディングしたい方・顧客情報を得たいなど、モール型ECに存在する課題についてはASPカートで自社ECを展開することで解決することができます。

ASPカート選択時の選定ポイント

料金・費用面

ASPカートを選択する際には初期・月額費用の確認をしましょう。

またASPカートは導入無料有料の大きく2つに分けられます。

無料・有料ASPカートではそれぞれ下記のような料金費用が発生します。

無料カートの料金費用:

決済・販売等各種手数料

有料カートの料金費用:

初期導入費・月額費・各種手数料

機能拡張性

同じカートでもプランによって機能拡張が可能です。導入候補カートについては重点的に予算・ショップの想定規模に応じてプラン・機能の確認をしておきましょう。

特にASPカート、もしくはプランにより登録できる商品点数には上限が存在する場合があります。

後々になって「カート乗り換えしないと登録ができない」という状況を招かないよう、自社の現状と今後展開する商品数を考慮して、必要となる登録数を担保できるカートを選択しましょう。

代表的なASPカートの紹介

多くのASPカートがあり、どのカートを選んだらいいのか分からない方も多いのではないのでしょうか。

そこでASPカートの選び方の参考となるようにASPカートの代表例を用意しました。下記の注目ポイントと共に紹介していきます。

  • 総合EC型・単品通販型
  • 初期費用・月額費用・プラン選択肢
  • カートのメイン機能・特徴

Shopify:総合EC型

初期費用
無料
月額費用
約3,300円~約33,000円(※ドル表記のため1月時点での価格を記載しております)
プラン選択肢
3プラン(ベーシック/スタンダード/プレミアム)
カートのメイン機能・特徴
  • 豊富なアプリ・デザインテンプレートがあり、インストールで簡単に機能を拡張可能
  • 多言語に対応しているため越境ECの作成がしやすい
  • 機能詳細はこちらから!
    https://www.shopify.jp/online/ecommerce-solutions
公式サイト
URL
https://www.shopify.jp/

※2022年時点 自社調べ

MakeShop:総合EC型

初期費用
約11,000円(税込)~110,000円(税込)
月額費用
7,700円(税込)~55,000円(税込)
プラン選択肢
2プラン(プレミアムショッププラン/エンタープライズ)
カートのメイン機能・特徴
公式サイト
URL
https://www.makeshop.jp/

※2022年時点 自社調べ

カラーミーショップ:総合EC型

アフィリエイト広告の仕組み図 カラーミーショップ:https://shop-pro.jp/
初期費用
無料~3,300円
月額費用
無料~7,945円
プラン選択肢
3プラン(エコノミー/レギュラー/ラージ)
カートのメイン機能・特徴
  • 初期費用・月額費用 0円からショップスタート可能
  • 専用アプリの充実・アプリ利用ランキングで拡張機能のトレンドが確認可能
  • 機能詳細はこちらから!
    https://shop-pro.jp/func/
公式サイト
URL
https://shop-pro.jp/

※2022年時点 自社調べ

リピスト:単品通販型

リピスト: リピスト:https://rpst.jp/
初期費用
29,800円(税込)~398,000円(税込)
月額費用
14,800円~148,000円(税込)
プラン選択肢
4プラン(ライト/スタンダード/プレミアム/エキスパート)
カートのメイン機能・特徴
  • LP一体型申し込みフォームでカゴ落ち対策が可能
  • 購入プロセス上でアップセル促進
  • 機能詳細はこちらから!
    https://rpst.jp/
公式サイト
URL
https://rpst.jp/

※2022年時点 自社調べ

ecforce:単品通販型

初期費用
見積もり・お問い合わせにて確認
月額費用
見積もり・お問い合わせにて確認
プラン選択肢
3プラン(スタンダード/エキスパート/移行)
カートのメイン機能・特徴
  • マーケティング・サブスクリプション機能の充実
  • コンバージョン率を高める入力フォーム最適化機能
  • 機能詳細はこちらから!
    https://ec-force.com/product/ecforce
公式サイト
URL
https://ec-force.com/

※2022年時点 自社調べ

サブスクストア:単品通販型

サブスクストア サブスクストア:https://subscription-store.com/
初期費用
69,800円~99,800円(税抜)
月額費用
49,800円~79,800円(税抜)
プラン選択肢
3プラン(スタンダード/プレミアム/エキスパート)
カートのメイン機能・特徴
  • LP一体型フォーム・カゴ落ち防止機能搭載
  • F2転換・ロイヤルカスタマー転換のためのレコメンド機能が充実
  • 機能詳細はこちらから!
    https://subscription-store.com/function/
公式サイト
URL
https://subscription-store.com/

※2022年時点 自社調べ

ASPカートを選ぶ際には各社の事業段階・ジャンルにより比較検討すべき項目は変化していきます。

もし比較することが難しいのであれば、数社ほどASPカート会社へ構築したい理想のECサイトが実現可能か相談を持ちかけてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自社ECサイトを開設・移行する際には様々な選択肢がありますが、ASPカートの魅力としては導入コストが安く、ECサイト作成〜管理の手軽さにあります。
またショップの規模や必要に応じて機能追加・拡張できる点も大きなメリットになります。
これからASPカートを検討していくのであれば各カート会社に問い合わせたり、公式サイトにて比較検討したりと、自社にとっての最善のサービスを調査をしてみると良いでしょう!
なお、A8.netでは自社ECの引っ越し方法について、ECサイトにおけるカートシステムの選択基準から引っ越し作業手順をまとめた資料を用意しております。
ECサイト作成にお悩み中の方はぜひご一読くださいませ!

この記事の執筆者

A8.netマーケティングチーム編集部

A8.netマーケティングチーム編集部

導入企業累計23,000社以上!
国内最大級アフィリエイト広告「A8.net」のマーケティングチーム編集部が執筆するコラムとなります。
ASP20年以上運営するノウハウから得たマーケティングのお役立ち情報を公開中!
初心者の方にも伝わるように分かりやすくお届けしてまいります。

記事カテゴリ例
アフィリエイト広告インフルエンサーD2Cクーポンサブスクリプションネットショップ etc…
資料請求