A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

A8キャンパスブログ

【4-2】SEOで重要なポイント5つを抑えておくと効率的

検索エンジンのことやGoogleの考え方を知れたところで、次にSEOについて説明していきたいと思います。

 

SEOで有効な施策はめちゃくちゃたくさんある

まずSEOで有効な施策はめちゃくちゃたくさんあることは知っておいてください。

 

検索順位を決める指標は200以上※があると一般的に言われていますが、200以上ある施策を全て知って、対策していく必要はありません。

 

※正確な数字ではないと推測される。

 

もし皆さんが「AmazonSEO部門に配属された」などというポジションであれば、200以上ある施策を全て網羅し、それらの細かく技術的な対策をしていく必要がありますが

 

「ブログを運営する」という場合は

200以上の中から重要な項目だけに焦点を当てて施策をし、80点をとるSEOを目指してもらえればと思っています。

 

イメージで言うと

 

5つくらいの指標で80

195くらいの指標で20

 

を取れるというイメージをしてもらえると分かりやすいです。

 

もちろんこのようなことはGoogleが発言しているわけではないので、正確な数値ではないものの、成功している多くのブロガーさんは、この意見に賛同してくれるでしょう。

 

有効なSEOかどうかをキチンと見きわめることが重要

次に知っておいてほしいのが「こういうことをすれば上位表示される」という情報を鵜呑みにしてはいけないということです。

 

検索順位を決めているのはGoogleですが「こういうことが上位表示につながる」という発言をしているのはGoogleでないことが多いです。

 

だからこそ「どういう人が言ったことなのか」というのが重要になってくるのですが、それらの判断を初心者の人に求めても難しいと思います。

 

ですので、まずはこの講座を見て頂き、基本的なSEOノウハウをしてもらいたいと思っています。

 

そしてこの講座で紹介するSEOの施策については以下の3つのことを意識して紹介しています。

 

  1. Googleが掲げる10の事実と整合性があるか
  2. Googleが「Googleブログ」などで情報発信する内容
  3. 私が実際にやったSEOで効果があったと見込める施策

 

3」については私の経験談ですので、「信ぴょう性がある!!」と言い切るのは申し訳ないのですが、長くその方法で収益化できておりますので、「1」と「2」よりも信ぴょう性は低いものの、「間違いではない」ものが多いと思っております。

 

知っておくべき評価基準5

ではまずは知っておくべき5つのSEOについて説明をしていきたいと思います。

 

ここで書かれていることをまずは「理解」してください。

 

そして「理解」したうえで、講座を読み進めてもらえれば、「実践」できるようになっています。

 

キーワードの検索意図と記事の内容が合致しているか

まず1つ目は「皆さんが書いた記事」が「キーワードの検索意図」を満たしているかどうか。ということです。

 

皆さんがSEOをする時に一番始めに決めることは「どういうキーワードで上位表示するのか」ということです。

 

例えば婚活ブログを運営していると仮定すると

1つの記事を書く前に考えることがあります。

 

「これから書く記事はどういうキーワードで上位表示を目指そうかな」ということです。

 

例えば

「医者と結婚したい」

というキーワードで上位表示するために記事を書こう!というように決める必要があるのです。

 

そして「医者と結婚したい」というキーワードで上位表示するために記事を書いていくのですので、その記事は

 

「医者と結婚したい」と検索している人が求めている内容を書く必要があるということです。

 

「どういうところで医者と出会えるのか」

とか

「お医者さんはこういうタイプの人が多いと言われているので、自分はこうあるべき」

とか

「医者が多く登録していると言われるアプリがあるなら紹介する」

とか

「実際に医者と結婚した人に取材してみる」

 

など、「医者と結婚したい」というキーワードで上位表示するためには、あらゆる角度で「医者と結婚したい」と調べている人の満足度を上げる必要があるのです。

 

「医者と結婚したい」というキーワードで上位表示を目指すのに

 

「公務員と結婚する方法」というような記事を書いても上位表示できないということなのです。

 

記事の内容が他と比べて優れているか

そしてその記事は狙っているキーワードの検索意図を満たしているだけではなく

 

同じキーワードを狙っている記事と比べて、内容が優れているか

 

ということも重要です。

 

もし上位表示したいキーワードがあるなら、実際にGoogleで検索してみましょう。

 

1位~10位に表示された記事を「越える」内容を書かないと上位表示することはできません。

 

「なんとなーく自分が知っている内容だけ」を書いているだけでは上位表示できません。

 

他の人からの評価を得られているか

またその記事が「評価されているか」も重要になります。

 

つまり、その記事の内容が良かったので

 

  • Twitterで拡散された
  • 他の人のブログで「この記事いいから読んでみて」というように紹介してくれた

 

などのようなアクションを第3者がしてくれているかどうかです。

 

加えて、ブログ全体で、たくさんの記事がたくさんの人から紹介されていたり、話題になっていることもSEOになります。

 

Googleはそのような色んな人に支持されているブログを好みます。

 

ブログを見てくれた人がどういうアクションをしたか

そして上位表示ができたり、他の人の紹介などで、ブログに色んな人が来てくれた時に、その人がどういうアクションをしているのか。というのも重要です。

 

例えば

 

  • 1つ記事をしっかり読んでくれている
  • 1つの記事だけでなく、他の記事も読んでくれている

 

などです。

 

Google「よく読まれているブログや記事」を「内容が良いから読み込まれている」と判断すると思ってもらうとイメージしやすいかもしれません。

 

ブログを運営している人は人気があるか

またそのブログを運営している人がどういう人なのか、ということもGoogleは重要視していると思ってください。

 

運営者情報に、何の記載もなく「どこの誰が運営しているのか分からない」というようなブログは

 

「ちゃんとした情報を発信していない可能性がある」ということで上位表示しづらくなります。

 

例えばブログ運営者がどのような人なのか、キャラなのか、が分かり、その人がTwitterを含めたSNSで活動しており、フォロワー数が多かったり人気があると、SEO的にも良いです。

 

またブログ運営者の活動内容が分かり、色んなサイトで紹介されていると、

 

Googleもそれらの情報をもとに

 

「この人は〇〇の分野の仕事をしている人だ」

とか

「この人は〇〇の分野で信頼できる人だ」

 

という評価をします。

 

その評価はSEO的にもいい影響を与えます。

 

このように考えると「SEO」というのは技術的なことではなく

 

ブログを見てくれる人のことを考えると「当たり前のこと」と思えると思います。

 

実際にGoogleが掲げる10の事実の1つ目を見ると

 

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

 

というものがあります。

 

非常にシンプルですが「ユーザーのことを考えてブログ運営をすること」が究極のSEOと言えるのです。

 

しかし「ユーザーのことを考えましょう!それがSEOだ!」と言われても、何をすればいいのか分からないと思いますので、それはしっかりと説明をしていきます。

この記事を書いた人

河井大志 氏

河井 大志 【株式会社Smartaleck】

「アフィリエイト」と「SEO」に特化したWEBマーケティング企業である株式会社Smartaleckの代表取締役。アフィリエイトやSEOに関する書籍を出版。

・書籍

  • 「元Google Adsense担当が教える本当に稼げるGoogle AdSense」
  • 「10年稼ぎ続けるブログを創る アフィリエイト 成功の仕組み 」など合計5冊

・関連サイト

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら