A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

A8キャンパスブログ

【8-1】完成した記事の中でキーワードがきちんと挿入されているか確認しよう

記事が完成したあとに、少しだけ色々と調整をして、記事をブログで公開することになります。

 

このちょっとしたひと手間をすることによって、記事をSEO的に有利にすることも可能になりますので、実践してみてください。

 

キーワード比率ってなに?古くないの?

まず1つの調整は記事全体の中でどれだけキーワードが入っているかの調整になります。

 

過去のSEO対策での言い方だと「キーワード比率」と言われていました。 

 

初心者の方は、いきなり「キーワード比率」と言われてもピンとこないかもしれません。

 

キーワード比率とは、狙っているキーワードが記事の文章の中にどれくらい入っているか、という比率です。

 

あくまでもSEOテクニックの1つで、正解として何%ぐらいキーワードが必要ということは誰にもわかりませんが、検索上位を狙うときに意識されていた考え方です。

 

4-3の昔のSEOで「隠しテキスト」というものがあるとお話をしました。

 

それと似て非なるものではありますが、考え方は同じです。

 

皆さんが書いた記事の中に、狙っているキーワードが1つも入っていないと、Googleはあなたが上位表示を狙っているキーワードを認識することが難しくなります。

 

もちろん、記事の品質も必要ですがキーワードが少なすぎて、Googleが読み取れない、内容を把握しにくし文章は検索の上位を狙いにくくなります。

 

Googleは人間ではないので「代名詞」や「省略語」は読めない

Googleは人間ではなく、あくまでもロボットなので、皆さんが書いた記事の文字を見て、内容がどのようなものかを判断します。

 

ですので、狙っているキーワードが1つも入っていないということは、そのキーワードに関する内容が書かれていないと同じことなのです。

 

例えば

「海外旅行と英語力について」説明している記事があるとします。

 

皆さんは以下の文章を見て「それ」は何となく理解できると思います。

 

それが英語力を伸ばすきっかけになるので、海外での交流を大切にしましょう。

 

もちろん前後の文章がないので「それ」が何を意味するのかは分かりづらいですが

「積極性と英語力」と意識しながら読めば

 

「それ」=「積極性」

 

だということが何となく分かります。

 

しかし、Googleにとっては「それ」は「それ」でしかありません。

 

つまり人間と会話する時によく使う「代名詞」はGoogleのロボットは正確に判断できません。

 

また無意識のうちに省略している言葉もGoogleは理解できません。

 

例えば、先ほどと同じように

「積極性と英語力について」説明している記事の中で

 

「海外では、英語で異文化交流も楽しみたいですよね。伝われば良いので、ジェスチャーでも大丈夫です。ただジェスチャーだと細かい意思疎通や伝えたいことのバリエーションは少なくなりがちです。だから楽しみたいなら少しでも準備をしましょう」

 

上記の文章を読んでも、私たちは異文化交流では英語が大切そうだと理解できるはずです。

 

しかしGoogleからすれば「英語」という言葉が1度しか出てきておらず、逆に「ジェスチャー」という言葉が2度出てきているので、Google「異文化交流とジェスチャー」という記事と理解するかもしれません。また「なにを準備すれば良いのか」も理解することができません。

 

ただしくGoogleに伝えるためのSEO

ですので、まずは皆さんが狙っているキーワードが、記事に入っているかどうかを確認する必要があります。

 

これにはツールは必要ありません。

 

例えばマイクロソフトWord(ワード)であればCtrl+Fのボタンを押せば検索機能が出てくるので、自分が狙っているキーワード(言葉)を入れて検索してみましょう。

 

狙っているキーワードを検索してみると、その部分が黄色くなります。

 

その部分が、異様に少なければ、追加していくのです。

 

例えば

「海外 英語」であれば「海外」と「英語」という言葉が「代名詞になっている箇所」や「抜けている箇所」に入れていくのです。

 

「それを学ぶと交流をしやすいです。」

英語を学ぶと海外の人と交流をしやすいです。」

 

「だからこそたくさんの人が学んでいます!」

「だからこそたくさんの人が英語を学んでいます!」

 

「目的を設定して勉強をしましょう。」

海外に行く目的を設定して英語の勉強をしましょう。」

 

このように、自分が書いた記事に狙っているキーワードが少ないと感じた場合は、違和感がない程度に、追加していきましょう。

 

文章に違和感が出たり、たくさん使いすぎるのはNGです。

 

あくまでも記事全体に狙っているキーワードが入るように、さりげなく埋め込みましょう。

 

これはSEOという観点もありますが、いわゆるユーザーにとっても、読みやすくするという対策でもあります。

この記事を書いた人

河井大志 氏

河井 大志 【株式会社Smartaleck】

「アフィリエイト」と「SEO」に特化したWEBマーケティング企業である株式会社Smartaleckの代表取締役。アフィリエイトやSEOに関する書籍を出版。

・書籍

  • 「元Google Adsense担当が教える本当に稼げるGoogle AdSense」
  • 「10年稼ぎ続けるブログを創る アフィリエイト 成功の仕組み 」など合計5冊

・関連サイト

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら