A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

A8キャンパスブログ

【7-5】記事のリード文は一番気を付けて、何度も考え直す

記事を書く際は、とにかく何も考えずに

 

読者にとっていい記事を書こう!と思って書いてほしいのですが

 

書き終えた後にリード文(導入部分)は何度も考え直して修正をしましょう。

 

記事のリード文が重要な理由

記事のリード文とは、「記事の書き始め」のところです。

 

色んなリード文がありますが

 

「こんにちは。ブロガーの山田です。今日は婚活アプリについて紹介をしていきます。」

 

というような部分です。

 

このリード文ですが、魅力的でないと、記事を読んでもらえない可能性があるので、非常に重要なのです。

 

なぜなら「リード文を読む人」=「検索してブログに来てくれた人」だからです。

 

もちろんGoogleYahoo!の検索エンジン以外からのアクセスかもしれませんが、多くのユーザーは検索エンジンからアクセスをしてくれます。

 

ですが、その人が記事をパっと見た時に

 

「この記事はおもしろくなさそう」

「つまらない記事そう」

「他の記事と同じことが書いてそう」

「この記事は自分にとって関係なさそう」

 

と思われれば、すぐに検索結果に戻られてしまいます。

 

このような行動をされてしまうと、SEOで上位表示した意味がありません。

 

また「記事を見て、すぐに検索エンジンに戻った」という行動はGoogleも認識するので

 

「すぐに戻った」とか「読まなかった」=「記事の質が悪い」と判断されて、上位表示をしていても、順位が下がってしまうのです。

 

さらに、本来なら記事を読んで、アフィリエイトしている商品を購入してくれる可能性があるのに、そもそも記事を読まれなければ、アフィリエイト報酬も発生しません。

 

リード文の価値バターン3

リード文はライティングと違い、ある程度のパターンを知っていると、再現しやすいです。

 

まずは初心者の人でも使いやすいパターンを3つ紹介します。

 

自分ブランドを活かすリード文

1つ目は自分ブランドを活かすリード文です。

 

これもブログを始める時に、自分の強みを活かしていないとできません。

 

例えば以下のような感じです。

 

「婚活アプリ10個に登録して結婚できた私が、オススメの婚活アプリを10個比較してみます。」

 

「ボディビルの大会で2連覇の僕が、大胸筋の鍛え方を教えます。」

 

2児のママである私が使っている時短術について書いていきたいと思います。」

 

リード文は100文字~300文字くらいで構成されますが、その中にこのような自分の強みを入れることができれば

 

「このブログをしている人はすごい人なんだ」

「この記事は他の記事と違うかも」

 

と思って、記事を読み込んでくれる可能性が高くなるでしょう。

 

読むべき人を明示するリード文

もっと簡単な事例としては、その記事を読むべき人を入れてしまうということです。

 

今回は婚活アプリを紹介していきたいと思います。

 

  • 早く結婚をしたい!
  • 出会い方が分からない!
  • 自分と相性の良い人に出会いたい!

 

 

この事例は少し短いですが、端的に紹介するとこのような感じです。

 

このように「どんな人に読んでもらいたいのか」という具体例が示されていると

 

それに当てはまる人は「あ!私のことだ!」と思って、記事を読み進めてくれるでしょう。

 

他との違いをアピールするリード文

また他の記事との違いをしっかりとアピールするリード文も使いやすいです。

 

特に記事に強みがある場合は効果的です。

 

「この記事は税理士さんに取材した記事なのできっと役に立つと思います。」

 

「ネット上ではマンションの角部屋は売れづらいと言われていますが、これは間違いで3%程度高く売れるという傾向があります。そんな角部屋について・・・」

 

「とにかく徹底的に「婚活アプリ」について調べたので、ぜひ見てください。」

 

このように記事自体の強みを活かし、「他の記事とは違うよ!」という文章をリード文に入れることができれば、記事を読んでくれる人が多くなるでしょう。

 

先輩ブロガーがどのようなリード文をしているのか確認

このようなパターンを知っておけば、先輩ブロガーのブログを見る時の見方も変わります。

 

パターンはこの3パターンだけではありません。

色んなブロガーさんの記事を見てください。

 

  • とても読者に寄り添ったリード文だ
  • ちょっと不安を煽られるので読みたくなるな
  • なんかめちゃくちゃ自信満々なので気になるな

 

というような、見方をできるようになるでしょう。

 

このようなリード文という部分も意識しながら、成功している先輩ブロガーの記事もチェックしてみましょう。

この記事を書いた人

河井大志 氏

河井 大志 【株式会社Smartaleck】

「アフィリエイト」と「SEO」に特化したWEBマーケティング企業である株式会社Smartaleckの代表取締役。アフィリエイトやSEOに関する書籍を出版。

・書籍

  • 「元Google Adsense担当が教える本当に稼げるGoogle AdSense」
  • 「10年稼ぎ続けるブログを創る アフィリエイト 成功の仕組み 」など合計5冊

・関連サイト

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら