基本的な記事の書き方

記事を書く上で一番大切にしたいことは、ユーザーが商品へ求めることを信頼ある情報をもとに伝えられるかということです。そのためには、商品を理解した上であなた自身の言葉で書く必要があります。

記事構成を理解する

構成はその記事で何を伝えたいのかによって変わってくるので、正しい記事の書き方というものは存在しません。しかし、読みやすさ・伝えやすさを意識すると、9つの項目に分けることができます。

記事の9つの項目

 

  

1.タイトル
どのような商品を誰に向けて紹介しているのか
伝わるように意識する
2.導入文
この記事で伝えたいことを簡潔にまとめる
3.アイキャッチ
商品の魅力が伝わるような商品画像を
入れることで関心を集める

  

 

  

4.商品説明
どのような商品なのか、子どもでも理解できるように丁寧に説明する
5.商品写真
テキストだけでは表現できない商品の特徴を伝える
6.訴求したいポイント
商品の“売り”を伝える

  

 

  

7.感想
商品を使用してどう良かったのか、
悪かったのか、自分の言葉で書く
8.まとめ、クロージング
商品&広告主サイトで購入するメリットをまとめる
9.アフィリエイトリンク
売込み色が出ないように自然に広告を張る

  

情報量を意識する

SEOの観点からも情報量は非常に重要です。内容の薄い記事では、継続してサイトに訪問してもらえるリピーターの獲得はもちろん、購買意欲の高いユーザーを呼び込むこともできません。
ユーザーがその商品に対してどのような情報を求めているのか、商品を購入することで得られるメリットは何なのか、記事を書く前に整理してみてください。訴求したいポイントと感想の部分はユーザーが1番気になる情報となりますので、整理した内容を落としこみ、テキスト1000文字以上を目安に書いてみましょう

記事作成での注意

ユーザーのアクションに応じて、記事の中にユーザーが求める情報を入れ込む必要があります。記事を最後まで読んでもらうためには、どのような工夫が必要なのか、広告をクリックしてもらうためにはどのような情報が必要なのか意識してみましょう。

離脱に繋がってしまう記事の特徴

  • 求めている情報がない、薄い
  • 広告主サイトやライバルサイトのコピー
  • だらだらと長い、文章だけになっている
  • 何を伝えたいのか分からない
  • 売り感が強い