収益の出るアフィリエイト記事を書く方法!初心者必見ポイントと手順

収益があがるアフィリエイト記事を書きたい方に向けて、記事を書くポイントと、実際に記事を作成する手順を解説します。

アフィリエイト記事を書くときのポイント2つ

収益の上がるアフィリエイト記事とは、ユーザー(記事の読者)が知りたい情報が分かりやすく提示されている記事です。

人は何かしらの疑問や問題を解消・解決したくて検索をしますが、その解決策が分かりやすく記されている記事を読み進め、そこに記されている商品やサービスが自分の課題解決につながるかもしれないと思えたら、その商品やサービスの購入を検討します。

ユーザーが知りたい情報を分かりやすく記事で提示できると、その結果として検索結果の表示順位もあがりやすくなり、多くの読者に読まれ、収益があがりやすい記事となります。

ターゲットユーザー(読者)を明確にする

アフィリエイト記事は、まずはターゲットユーザーを明確にすることが重要です。 「この記事はこういう疑問や悩みを持つ人に読んでほしい」と決めることなのですが、たとえば今あなたが読んでいるこの記事の場合は、「アフィリエイトの記事を書く方法を知りたい人」や「アフィリエイトで収益を上げられるような記事を書けるようになりたい人」などがターゲットです。

記事を読んでくれる読者は多数かもしれませんが、コミュニケーションとしては記事を書いている人と読者の1対1ですから、そのひとりの読者が抱える問題を解決できるように、そのターゲット像を明確にする必要があります。

ターゲットユーザー(読者)を明確にする

情報を「漏れなく・具体的に・論理的に・簡潔に」提示する

アフィリエイト記事は、読者が知りたい情報を「漏れなく・具体的に・論理的に・簡潔に」提示することが重要です。

読者がいま知りたいと思っている情報や、知っておくべき情報を正しく記載することで、GoogleやYahoo!などの検索結果で上位表示しやすくなりますし、読者が記事を読まずに離脱してしまう可能性を下げられます。

また、情報を具体的・論理的・簡潔に記載することで読者に内容を理解してもらいやすくなり、問題解決の精度や納得感が上がるため収益につながりやすくなります。

ブログアフィリエイトの特徴
  • 漏れなく
    書く
  • 具体的に
    書く
  • 論理的に
    書く
  • 簡潔に
    書く

アフィリエイト記事の作成手順

次は、アフィリエイト記事の、実際の作成手順を解説します。

1.記事で紹介する商品やサービスを決める

まず自分が運営するサイトでは、「どのような問題を抱えている読者に対してアプローチをするのか」を考えることが重要です。

ユーザーは、記事で紹介されている商品やサービスが、自分の悩みを解決できるかもしれないと思ったときに、それらの商品やサービスの購入をはじめて検討します。

そのためアフィリエイト広告での成果報酬を得たいなら、いきなり商品やサービスを提案するのではなく、まずユーザーの抱えている悩みをいかに解決してあげられるかを第一に、記事をつくるようにしてください。

記事で書かれている内容を、ユーザーが信用することで、おのずと成果報酬につながります。

ユーザーの悩みを解決するために必要な情報・商品を提供する。

2.ターゲット設定

始めの章で説明した「ターゲットユーザーを明確にする」は、このタイミングでおこないます。下記2つをしっかりと具体的に考えて書き出しましょう。

(1)からどんな人がどのタイミングで使いそうな商品、またはサービスか

それらの商品やサービスを使うユーザーはどんな悩みを持っていそうか

ここを詳細に書き出すことで、ターゲットユーザーの理解につながります。
また、次の(3)で説明するキーワードの設定にも役立つので、必ずこの工程をおこなうようにしてください。

ターゲットユーザーを具体的に決める

3.キーワード設定

商品やサービス、そしてターゲットが決まったら、キーワードの設定をします。キーワードとは、ユーザーがなにか調べものをするときにGoogleの検索窓に入れる語句のことです。

このキーワードの設定は、検索される回数の多さより、自分のアフィリエイトサイト・ブログで扱う商品やサービスから、ユーザーが検索しそうなキーワードを考えて設定してください。

いくら世の中で多く検索されているキーワードでも、あなたのサイトテーマからずれているものであれば記事に掲載した広告から商品やサービスが購入される可能性は低いためです。

キーワードの選び方は、記事で狙うキーワードを選定する基本的な方法で詳しく書いていますので、そちらの記事をチェックしてみてください。

ユーザーが検索しそうなキーワードを考える

4.タイトル決め

記事のタイトルは、記事の内容を具体的に簡潔に表現することが重要です。
(3)で選んだキーワードを入れることも重要ですが、ユーザーがタイトルを見ただけで、自分の課題を解決できる記事だと思ってもらわなければ、その記事はクリックされることもありません。
このタイトルは、記事が完成した後に、もう一度以下のポイントのチェックをしてください。

  • ・記事の内容とタイトルがずれていないか
  • ・記事の内容を端的に伝えるタイトルになっているか
  • ・タイトルを読んで記事の内容を想像できるか
  • ・読んでみたいと思えるタイトルだと言えるか

記事の内容がわかるタイトルを考える

5.記事構成

記事の構造を意識して書くと筋の通った記事となり、ユーザーに記事内容を理解してもらいやすい=商品やサービスの購入につながりやすい記事になります。

構造は、導入文・本文・まとめ文の3つを意識してみてください。
導入文でユーザーの疑問や問題を提示、本文で解決策とその根拠を記載、まとめ文ではユーザーが問題を解決するための行動を起こせるようにそっと背中を押すような言葉をひとこと添えるのがよいでしょう。

意識する記事の構造

6.文章の作成

分かりやすく、やさしい言葉を使って簡潔な文章にすると、ユーザーが内容を理解しやすく商品やサービスの購入につながりやすい記事になります。

専門用語を使うときは文中で説明、もしくは注釈を付けるように気をつけましょう。

また記事の長さは、必要以上に長くならないように気をつけましょう。
記事内容にもよりますが3,000文字程度におさめるとユーザーにとって読みやすい記事になります。

記事が長くなりそうで、記事内容を分割できる場合は、記事を2つに分けてお互いの記事に内部リンクを貼るという方法を検討してみましょう。

記事の内容がわかるタイトルを考える

7.記事に装飾を付ける

下記のような「装飾」を記事に付けることで、ユーザーが記事内容を理解しやすくなります。

  • ・画像の挿入(写真やイラストなど)
  • ・細かい情報は表に整理
  • ・文字を強調させる(太字、色文字、下線など)

装飾で記事内容を理解しやすいように工夫

文字だけの記事は、たとえ内容が簡単なものでも、読み手のハードルを上げてしまいます。 このハードルを上げてしまうと、ユーザーが途中で記事を離脱したり、伝えたい内容が正しく理解されなかったりします。

つまり読み手のハードルを上げることは、商品やサービスの購入につながらない可能性を高くしていることになります。

アフィリエイト広告で成果報酬を得られる記事にするためには、記事で書いてある内容がわかりやすいことはもちろん、ユーザーの理解のジャマにならないような見た目や、内容の理解を助けるような装飾も重要です。

ライティング力を高める方法

ライティング力を高める方法は、この記事で紹介してきたポイントや手順を意識して、記事を書き続けることです。
ライティング技術の習得にはどうしても時間はかかります。はじめは一つの記事を書くにも時間はかかると思いますが、執筆を重ねることで執筆のコツは掴めるようになるでしょう。

そしてユーザーが何を求めているかも忘れないでください。「ユーザーはどうしてこのキーワードを検索したのか」「検索にいたるまでどんな背景があったのか」これらを具体的にすることが、アフィリエイトで記事を書く最初のスタートです。

step1. サイトを作る

アフィリエイトサイト作成の準備

記事の書き方

注目コンテンツ!

注目コンテンツ!
A8サイトコンテスト2019
A8フェス大阪
A8アプリ
A8.netに無料会員登録 アフィリエイトをはじめてみる!