A8キャンパス

日本最大級のアフィリエイトサービスを提供するA8.netによる
アフィリエイト勉強サイト

A8.netに無料会員登録アフィリエイトを始めてみる

用語集

WordPress

WordPress(ワードプレス)は、Webサイト構築の知識が少なくても、手軽にサイトを作成できる、コンテンツ管理システム(CMS)です。

通常、Webサイトを開設するには、HTMLCSSPHPなどのコンピュータ言語を用いてデザインを作り、Web上にアップロードする必要がありますが、WordPressを使えばこのような手順を省略することができます。

WordPressでできること

WordPressでは、サイトデザインや記事編集・投稿・更新などを行えます。
操作は、すべてブラウザやアプリからログインできる管理画面で行います。

編集画面が分かりやすく直感的な操作が可能

WordPressの記事編集は、HTMLCSSの知識がほとんどなくても、直感的な操作でさまざまな機能が利用可能です。

 

投稿画面は、タイトルや本文をどこに記入すればいいかが一目瞭然で、文字を装飾したり、画像・動画などのメディアを追加したりすることも、画面表示に沿って簡単にできるようになっています。

 

また記事のカテゴリーやタグ付け、アイキャッチ画像(記事一覧や記事トップに表示される画像)の設定や、プレビュー、公開設定などもまとめられており、管理しやすくなっています。

 

 

投稿ページ・固定ページを分けて作成できる

WordPressで作成する記事には、投稿ページ(post)と固定ページ(page)の2種類があります。

投稿ページとは、ブログ記事のように時系列で表示され、カテゴリーやタグ付け可能なページです。

 

サイトのコンテンツとなる記事を投稿ページにして、カテゴリーごとに分類していけば、自然と訪問者に分かりやすい論理的なサイト設計になります。

 

一方、固定ページは、カテゴリーやタグ付けをしない独立したページです。

運営者情報やサイト情報、プライバシーポリシー、お問い合わせフォーム、サイトマップなどは固定ページで作成すると良いでしょう。

また、トップページを作りこみたい場合も固定ページを利用できます。

 

 

サイトデザインを自由に変更でき、カスタマイズも可能

WordPressのサイトデザインは、「テーマ」で自由に変更できます。管理画面の「外観」から直接アクセスできる公式テーマディレクトリにあるテーマのほか、個人・法人のサイトで配布されているテーマもあります。

 

テーマによって、日本語でのサポート対応が可能、表示速度が速い、カスタマイズしやすい、SEO(検索エンジン最適化)に強いなど、さまざまな特徴があるので、口コミなども参考にして選びましょう。

 

WordPress公式ディレクトリに登録されているテーマ一覧

 

出典:WordPress.org日本語版

 

プラグインでさまざまな拡張機能が追加できる

WordPressでは50,000以上のプラグインを追加して、さまざまな拡張機能を利用できます。
スパム対策やSEO強化、お問い合わせフォームやサイトマップ作成、記事ランキングの表示などいろいろなことができるので、欲しい機能があれば管理画面の「プラグイン」から検索してみましょう。ただし、設定しているテーマによってはプラグインと機能が競合したり、レイアウトが崩れたりすることがあるため、事前に口コミなどをチェックしておくと良いでしょう。

 

複数のユーザーで編集も可能

WordPressはブラウザ上で管理できるので、複数人で同時に編集することも可能です。
それぞれの作業範囲に合わせて、管理者・編集者・投稿者・寄稿者・購読者といった複数レベルの編集権限が設定できるため、テキストを入力する人、編集する人など作業を分担したい場合もスムーズにできます。

 

 

WordPressの仕組み

WordPressは、サーバーにインストールして使うサイト作成ソフトウェアです。
WordPress自体は無料ですが、作ったサイトをネット上に公開するために、ドメイン代とサーバー代が別途必要です。ドメインはサイトアドレスとなるURLのこと、サーバーとは、Web上にサイトを公開するコンピュータのことです。

 

個人の場合はサーバーをレンタルすることが多いですが、主要なレンタルサーバーはほとんどWordPressに対応しており、インストールやドメイン設定も簡単にできるようになっています。

 

なおWordPressには、ソフトウェアである「WordPress.org」のほかに無料サイト作成サービスの「WordPress.com」がありますが、オープンソース・ソフトウェアである「.org」の方が、デザインや拡張機能が多く開発され、自由度が高くなっていますので、インストールの際は間違えないよう注意してください。

 

WordPressでサイト制作を始めるには、以下のような手順をとります。

 

1.ドメインを取得する

2.サーバーを契約する

3.サーバーにWordPressをインストールし、テーマやプラグインを追加して記事を書く

 

より詳しい手順は、WordPressを使ったサイト制作方法で解説しているので、参考にしてください。

 

WordPressの評価

WordPressは、数あるコンテンツ管理システムの中でも世界で30%以上、日本では80%以上のシェアを誇るツールです。

 

アフィリエイトサイトでの利用率も高く、アフィリエイトマーケティング協会「アフィリエイト・プログラムに関する意識調査2019」では、6割以上が作成ツールとしてWordPressを利用していると回答しました。

 

WordPressは利用者が多いため、分からないことがあればすぐにネットや本で調べたり、WordPressコミュニティで質問したりできるのがメリットです。

 

日本語を使用するサイトにおけるCMSの流通

 

出典・参照:W3Techs「Distribution of content management systems among websites that use Japanese」

 

WordPressの特徴

多数のプラグインやテーマが開発・配布されている

WordPressの特筆すべき特徴に、プラグインやテーマが多数開発・配布されていることが挙げられます。

これはWordPressが無料のオープンソース・ソフトウェアであり、かつフリーソフトウェア財団GNUGPLライセンス(GNU General Public License)に基づいて、第三者によるソースコードの使用・改造・再配布などが自由に行えるようになっているからです。

 

4つの基本的な自由:

・どんな目的に対しても、プログラムを望むままに実行する自由

・プログラムがどのように動作しているか研究し、必要に応じて改造する自由

・ほかの人を助けられるよう、コピーを再配布する自由

・改変した版を他に配布する自由」

出典・抜粋:GNUオペレーティング・システム「フリーソフトウェアとは?」

 

そのため、世界中の人々によって無償または有償の拡張機能やテーマが開発され、ユーザーは必要に応じてそれらを自由に利用することができます。

 

ただ膨大な数のテーマ・プラグインがあるため、使用するときは使いやすいかどうか、他のテーマやプラグインと競合しないか等を確認するようにしましょう。

 

また公式ディレクトリに登録されていないテーマ等の場合、100%GPLを採用していないことがありますので、規約を確認しておきましょう。

 

商用利用も自由にできる

前述の通り、WordPressはどんな目的にも使用できるため、商用利用も自由です。
無料ブログの場合、アフィリエイトやアドセンス広告に制約があったり、PC・スマホにブログサービス側の広告が自動表示されたりすることがほとんどですが、WordPressはそのようなことはありません。
利用規約による制限やブログ削除などの心配もなく、自由にサイトを運営できます。

 

 

検索エンジン最適化(SEO)にも取り組みやすい

WordPressは、SEOにも取り組みやすいのが特徴です。
タイトルや見出し、画像の挿入方法、記事のカテゴリー分類や内部リンクなど、WordPressの基本機能にしたがえば、検索エンジンの推奨する、ユーザーにとって見やすく分かりやすいサイト作りが自然に行えます。またプラグインやテーマにより、SEO施策の一部を効率化することも可能です。
GoogleSEOチームに携わるマット・カッツ氏は、過去の講演でWordPressSEOの仕組みの80~90%に対応できると評価しています。

参照: Googleドキュメント「Straight from Google: What You Need to Know」

 

スマホでも操作が可能

WordPressは、スマートフォンの公式アプリ(App StoreGoogle Play)やブラウザから管理画面にアクセスすると、記事の編集などが手軽にできます。

ただし、管理画面のレイアウトが崩れてしまったり、スマートフォンでは操作できない設定があったりして、パソコンと比べて操作しにくいという課題があります。

そのため、基本的にはパソコンを使って記事の作成や更新を行い、記事の簡単な修正はスマートフォンで対応するなど、作業によってパソコンとスマートフォンを使い分けると良いでしょう。

 

リアルタイムな更新が可能

WordPressで記事を更新したり、多く読まれた記事があったりすると、新着記事や関連記事、人気記事等が更新され、アクセスされた状況やタイミングに応じてトップページ等の内容が変化します。

これは、WordPress本体やその他の拡張機能がPHPというプログラミング言語で成り立つ「動的サイト」だからです。

 

PHPは、WordPressのデータベース(MySQL)に格納された画像やテキストなどのコンテンツを、アクセス元の要求に応じてその都度構築するはたらきをもっており、あらかじめ作成したHTMLページを表示するだけの「静的サイト」よりも、よりリアルタイムなページ構成が可能となっています。

ただし次項で解説するように、静的サイトに比べセキュリティや表示速度の面で劣るというデメリットもあります。

 

WordPressのデメリット

静的サイトに比べ表示速度が遅い

WordPressや無料ブログのように、アクセスしたユーザーや状況に合わせてページ内容が変化する動的サイトは、サーバーの処理が多いため、表示速度が遅くなりやすいのがデメリットです。

またアクセスが集中したときにサーバーが落ちやすくなっています。

WordPressを使う際には、1ページに入れる画像や動画の量を調整する、不要なプラグインを削除する、ページの表示速度を確認する等が必要です。

 

サイバー攻撃を受けやすい

WordPressは世界的に利用率が高く、オープンソースなこともあって攻撃者から狙われやすく、サイト改ざんなどの被害を受けやすい傾向にあります。

これを防ぐには、WordPressやプラグインのバージョンを常に最新にする、不要なプラグインを削除する、使う予定のテーマやプラグインの口コミをあらかじめチェックするなどのセキュリティ対策が必要です。

A8.netで楽しくアフィリエイトしよう!

無料登録でアフィリエイトを始める!

登録方法はこちら