アフィリエイト記事作成するならターゲットを意識しよう!


アフィリエイトで記事を作成する時に皆さんはターゲットを明確に意識していますでしょうか。

 

その記事が誰に読まれるのかをイメージしないで記事を書くと誰の心にも響かない記事になることもあります。

 

つまり商品が売れない記事になるということですね。

 

今回は、ターゲットを意識した記事作成についてお話していきたいと思います。

なぜターゲットを意識するのか

まず、なぜ記事を書く時にもターゲットを意識する必要があるのかという疑問が湧く人も中にはいると思います。

 

毎回、記事を書く時にターゲットを設定するのって面倒ですよね。

 

しかし、このターゲットを設定していないと誰の心にも響かない、共感しない記事になってしまいます。

 

商品を売る時にも、セミナー講師が登壇する時にも必ずその先にはターゲットがいます。

 

そのターゲットをしっかり意識して行動を起こすことでターゲットに共感してもらいやすくなるものです。

 

例えば、口臭ケアの商品を売りたいと思ったとします。

 

20代から50代を年代別で10人ずつのグループに分けて実験したとしますよね。(例えばの話です。)

 

まずは大声でどのグループにも聞こえるように「口臭ケアの商品おすすめですよ!」って叫んだとします。

 

これでは、数人集まってくるかもしれませんがほとんどの人は見向きもしないと思います。

 

なぜならば紹介の仕方がざっくりしすぎていて自分に関係のある話なのかが認識できていないからです。

 

ところが、50代のグループに向けて「最近、部下の女の子と話す時に嫌そうな顔された覚えないですか?それお口のネバネバが原因ですよ!」って言われたらどうでしょうか。

 

50代というと口臭も気になるでしょうし、お口のネバネバに見に覚えがある人はきっといると思います。この場合、結構多くの人が興味、関心を抱くのではないでしょうか。

 

このようにターゲットを意識することで興味関心を持ってもらえるようになります。

どうやってターゲットを決めるのか

では、どうやってターゲットを決めれば良いのでしょうか。

 

皆さんはサイトを作った時にターゲットを決めていると思います。

 

大体、そのターゲットで大丈夫です。

 

あとは書く記事毎にもうちょっと詳細なターゲット像を決められそうであれば決めてみましょう。

 

アフィリエイトでは基本的にターゲットの悩みにフォーカスを当てるといいと思います。

 

口臭ケアの例でいうとサイトを作る時に決めたターゲットはこのような感じでしょうか。

 

・50代男性

・部下に若い女の子が複数いる

・娘に口が臭いと言われる

・もっと爽やかブレスのおじさんになりたい

 

これだけでも十分ですが記事を書く時に口臭ケアの洗口液を紹介しようと思うと上記のターゲット例プラス独自の悩みも加えられると思います。

 

洗口液ですので口の中を除菌する液体です。

 

なのでこの商品にマッチする悩みといえば例えば、「毎朝起きた時に口の中がネバネバして不快」というものが上げられますね。

 

ここまでターゲットの状況をイメージ出来ているとその悩みを解決できる知識を提供してくれるサイトだと思わせればいいだけなのであとは簡単です。

ターゲットに向けた記事作成とは

先程、ターゲットの抱える悩みと紹介する商品を決めたのであとは記事を書くだけですね。

 

記事を書く時にはまず、ターゲットから共感を得る必要があります。

 

ターゲットはまずどのような検索キーワードで検索してくるでしょうか。

 

例えば検索が予想できる1例としては「口臭 朝 ネバネバ」などが考えられますよね。

 

そうすると文頭では「毎朝、起きる時に口の中がネバネバして不快だなと思うことありませんか?それってもしかすると口腔内の菌が原因かもしれません。口臭の原因の1つになってるかもしれませんよ。」って言われるとどうでしょうか。

 

「まさにそうだよ!俺と一緒だよ!何?口腔内の菌って?」のような感情になることが予想できます。

 

ここまでくれば、あとは簡単ですよね。ターゲットは食いついていますので口腔内の菌に関する知識をしっかりと調べてコンテンツに落とし込んで納得させます。

 

納得してもらったあとはその問題を解決する商品はいくつかあるけれど、その中でもこの商品がおすすめですよなぜなら・・・のような流れで商品を紹介していけば買いたいって思うはずです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

今回は、記事を書くときにもしっかりとターゲットは意識しましょうねというお話でした。

 

もし、この記事を読んで「あ、確かにこんな風に記事書かれたら買っちゃうかも」と思った方がいたら是非試してみてはいかがでしょうか。

 

ターゲットを意識するかしないかで発生数もかなり変わってくるはずですので「この方法いいな」と思った方は是非試して、継続してみてくださいね。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。