キーワードを意識してない人は要注意!キーワードを意識した記事の書き方


アフィリエイトで成果を上げるためにはより多くの人にサイトを見てもらいたいですよね。

 

Googleなどで検索をした時に上位に表示されれば多くの人がサイトを見てくれるようになるのでその分、成果も上がりやすくなります。

 

今回は、検索上位表示させるために重要な「キーワードを意識した記事作成」についてまとめていきたいと思います。

 

なぜ検索上位表示されないのか?

一生懸命、記事を書いたのに成果が上がらないという経験をしたことはありませんか?

 

時間をかけて記事を書いたのに成果が上がらないと落ち込みますよね。。

 

そんな時はなぜ、成果が上がらないのか考えてみてください。

 

成果を上げるためにはGoogleなどで検索をした時に上位表示されないと、まずサイト自体を見てもらえませんよね。

 

では、その一生懸命書いた記事は検索した時に上位表示されているでしょうか?

 

一旦、この記事を読むのをやめて実際にその記事をGoogleやYahooで検索してみてください。

 

ここで、ハッと気づいた人がいると思います。

 

この一生懸命作った記事はどんな検索キーワードでたどり着く記事なのか分からないという方がいるのではないでしょうか。

 

それでは、検索上位表示できないのは当たり前の話ですよね。

 

成果が上がらない人で意外に多いのが、検索キーワードを意識した記事作成が出来ていなくて、そもそも検索に引っかからないということなんです。

 

検索上位表示させる方法に正解はない

検索上位表示させるためにはキーワードを意識する必要があるとお話しましたが実は検索上位表示のための正解はありません。

 

Googleは検索キーワード、サイト内の記事数、1記事の文字数、コンテンツの質などを複合的にみて独自のルールで検索順位を決めています。

 

しかも、このルールは定期的に見直されています。

 

よって何をしたら必ず検索上位にくるという具体的手法は誰にも分からないのです。

 

しかし、自分が検索サービスを作って運営しているという立場にたって考えれば以下のことは見られているということが予想できます。

 

検索キーワード

→あるキーワードで検索した時にそれに近い良質な記事をユーザーに届けること

 

コンテンツの質

→検索して出てきたサイトの内容が乏しい場合、ユーザーに適切な情報を提供できないので質の悪い記事は検索上位に表示させない

 

これらを考慮すると検索キーワードを意識して良質なコンテンツ(記事)を作る必要があるということが分かると思います。

 

検索キーワードを意識した記事作成が必要

それでは、検索キーワードを意識した記事作成とはどういったものでしょうか。

 

これは、単純です。まず記事を作る前に検索キーワードを考えればいいのです。

 

この記事を見る人はどんなキーワードで検索してくるのかを考えるということです。

 

例えば、A社のニキビ肌にもおすすめな○○洗顔料を紹介するとします。

 

もちろん、商品名で検索してくる人もいるでしょうから「商品名+口コミ」や「商品名+レビュー」というキーワードで記事タイトルをつくってもいいのですが商品名を知らない人に向けても記事って書けるんですよね。

 

この商品はニキビ肌にもおすすめな商品なので、例えば「ニキビ」とGoogleで検索してみてください。

 

そうすると検索結果の一番下に「ニキビに関連する検索キーワード」というものがでてきます。

 

これはGoogleではニキビというキーワードで他にこんな検索がされてますよと教えてくれるものです。

 

ここをよく見ると例えば「ニキビ おでこ」とあるのが確認できます。

 

この2語キーワードを元に記事が書けるというわけです。

 

おでこに出来たニキビについてのコンテンツを書いた後に、「○○洗顔料を使えばニキビケアに最適!」といった感じで商品の紹介がさり気なくできます。

 

こういった記事の場合、ユーザーの悩みを解決するコンテンツがメインで商品紹介がサブなのでユーザーの信頼を得やすいという効果も考えられます。

 

本当は「ニキビ」というキーワードに対して2語キーワードでどのようなものが多く検索されているのかを詳細に確認できるツールがあるのですが少し上級者向けなので今回は省きます。

 

気になる方は「Googleアドワーズ キーワードプランナー」で検索してみてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

検索上位表示させるためにはいくつも手法がありますが今回はキーワードを意識した記事作成について紹介させていただきました。

 

もし、今まで検索キーワードを意識せずに記事を書いていたという方がいましたら是非キーワードも考えてみてくださいね。

A8.netの会員ではない方はこちらをチェック!

A8スタッフブログで紹介しているコンテンツは、会員様向けです。
会員ではない方は、セルフバックやその他サービスをご利用できません。

当ページに掲載している情報・画像などの複写・転載は禁止しております。