アフィリエイト記事では必須!?小見出しの必要性はいかに


みなさん、小見出しは効果的に使えてますか?

小見出しって何?という方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

アフィリエイト記事は読者にとって理解しやすい記事である必要があります。

理解しやすい記事を書くためには小見出しを使うことは必須といえるでしょう。

今回は小見出しについてご説明します。

 

理解しにくい記事ってどんな記事?

記事内容が理解しにくければ当然、商品は売れません。

 

それでは理解しにくい記事とはどういったものでしょうか。

 

それは脈略もなく延々と書き綴られた長文です。

 

日記系のブログ記事なんかは小見出しがなくてもいいと思います。

 

しかし、アフィリエイトの場合は読者に伝えたいことを完結に的確に伝える必要がありますので小見出しがない日記の様な記事では成果をあげるのが難しくなります。

 

それでは小見出しとは一体何なのでしょうか。

 

小見出しとは?

小見出しは文章を区切るために使います。

 

ちょうど今読んでいるこの記事でも「小見出しとは?」という様に小見出しを使ってますね。

 

小見出しがなく区切りがない長文ですと最初から最後まで記事を読まなくてはなりません。

 

もし小見出しがない記事で1,000文字書いてあったらどうでしょうか。

 

最後まで読み切ったとしても「結局この記事では何を伝えたかったのだろう」と読者は思うはずです。

 

なぜなら文章に区切りがないので全体が1つの塊となってしまうからです。

 

もし、小見出しを使っていたとしたらどうでしょうか。

 

各段落で何の話をしているのかが小見出しを通して事前に伝わるので読者も頭の整理がしやすいですよね。

 

時間がない人は小見出しを見て必要なところだけ読むという方も多くいらっしゃることでしょう。

 

もし小見出しがなければそういった読み方もできないので即離脱して他の人の記事を読みにいってしまう可能性もでてきます。

 

しっかりと記事を読んでもらい内容を理解してもらうためにも小見出しはとても大切なんです。

 

小見出しに何を書けばいいの?

小見出しは商品の訴求ポイントを書いてあげましょう。

 

訴求ポイントとは商品の魅力や読者からみてこれが書いてあったら興味湧きそうだなと思うようなことです。

 

例えば以下のようなものは訴求ポイントとなります。

 

送料無料
初回限定価格
保湿力と保水力でもっちり肌に
雑誌でも紹介されている○○

 

いかがでしょうか、どれも読者の立場に立つと興味がわく内容となっていると思います。

 

このような訴求ポイントを小見出しにすることで記事はずっと読みやすくなるのでアフィリエイト記事を作成する際には必ず小見出しを使うようにしましょう。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

小見出しを使っているかどうかで記事のわかりやすさ読みやすさは全然変わってきます。

もし、小見出しを使っていなかったという方は積極的に小見出しを利用してみてくださいね。