毎日記事が書けない方へ!記事作成のスピードをアップさせるコツをご紹介!


アフィリエイトで成果を上げるための重要なポイントの1つとして毎日記事を更新することが挙げられます。

 

しかし、毎日更新というのはなかなかの労力と気力が必要です。

 

今回は毎日記事の更新ができるように記事の作成スピードをアップさせるコツをご紹介します!

 

なぜ、毎日記事が書けないのか?

頭では書かなければと分かっているのに書けなくなる。

 

メディアを運営している方なら経験する大きな壁です。

 

なぜ、記事が書けなくなるのでしょうか。

 

一番の原因はモチベーションの低下でしょう。

 

アフィリエイトを始めた最初の頃は書けども書けども成果がなかなか出ません。

 

50記事書いたとしても売れない人は結構います。

 

100記事、書けた頃にようやく売れ始めるといった感じです。

 

この100記事までがとにかく長い!

 

多くの人はここで挫折してしまいます。

 

まず、PCの前に行くまでが辛いんです。

 

文章を書き始めるまでが辛いんです。

 

でも、いざ書き始めてしまえばスラスラ書けてしまったりします。

 

つまり、書き始めるまでに色々考えることがあるから面倒で更新が止まってしまうんです。

 

この書き始めるまでのタスクをルール化してしまえば意外と記事の更新は捗ります。

 

モチベーションについてはもう一つポイントがあってしばらくの間は成果を意識しないでアクセス数を意識することです。

 

100記事書けるまで売れないのは普通です。

 

そこで、成果レポートを気にしてしまうと一気にやる気がなくなってしまいます。

 

なので最初のうちはアクセス数のレポートを見るようにしましょう!

 

「先週より10人アクセス数が増えている」それだけでも嬉しいものです。

 

記事を書く励みになります。

 

記事作成時のルールを最初から決めておけば楽!

それでは記事を書き始めるまでのタスクとはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ネタ集め
タイトルの決定
写真撮影

 

記事を書き始めるまでにやることは書き出してみると意外に少ないです。

 

しかし、ネタ集めとタイトルの決定のところで時間がかかってしまうのではないでしょうか。

 

写真はスマホで撮ってアップするので十分ですからね。

 

記事を書く度にネタ集めとタイトルの決定をやっているともうそれだけで満足してしまいます。

 

というより、もうそこで力を使い果たしてしまします。

 

おすすめはネタ集めと記事のライティングを分けることです。

 

ネタ集めの時間を別枠で取っておき記事管理表に記載しておくようにしましょう!

 

記事管理表を作りましょう!

記事管理表に予め今後書く予定のタイトルが記載されていればそれを見るだけで「今日は○○について書けばいいんだ」と記事を書くまでがものすごく早くなります。

 

それでは記事管理表はどのようにつくればいいのでしょうか。

 

自分しか見ないのでエクセルで簡単に作ってしまいましょう。

 

記事管理表は土日など時間が取れる時に作成して、次の週に書く記事を決めてしまいます。

 

似たタスクはまとめてやると捗るんです!

 

記事管理表に記載する必要な項目は以下です。

 

タイトル
記事の概要文
キーワード

タイトル

タイトルはこの時点では深く考えすぎなくて大丈夫です。

 

逆に適当すぎるのもよくありません。

 

適当すぎると実際に書く時にイメージがぼんやりしてしまいます。

 

以前の記事で紹介したようなタイトルをつける時のポイントは守って書くようにしましょう。

 

 

記事の概要文

これを書いておかないと実際に記事を書く時に「どんな内容を書くんだっけ?」と思い出すのに時間を使ってしまいます。

 

概要文はしっかり書いておけば、記事の導入分としても使えるので記事管理表に記載する段階で明確に書いておきましょう!

 

キーワード

これはSEO対策なのですが「この記事はどんなキーワードで検索された結果、表示されるものなのか」を先に想定しておきましょう。

 

ここで決めたキーワードにもとづいて記事を書いていきます。

 

このキーワードは適度に記事の中に出現させてあげましょう。

 

あまり不自然にたくさん入れすぎてしまうと読みにくい記事になってしまうだけでなく、最悪の場合Googleからペナルティを受けてしまうこともあるので注意が必要です。

 

小見出しを先に決めましょう!

さぁ記事管理表ができれば後はこれを見て記事を書くだけですね。

 

記事管理表があればすぐにライティングに入ることができます。

 

それでは、ライティング時のスピードを上げるコツも紹介しますね!

 

まずは小見出しを先に書いて行きましょう!

 

記事のアウトラインを作って上げることが目的です。

 

これを最初にやっておかないと記事を書いている途中で「あれ?結局何を書きたかったんだっけ?」みたいなことになります。

 

最初に小見出しを書き込んで置いて文章欄を空白状態にしておけば、あとは小見出しに沿ってライティングをするだけです!

 

小見出しで何を伝えたいのかが書いてあるので、ライティングもスムーズに行うことができます。

 

文章は深く考えずに思った事をスラスラ書きましょう!

文章を書く時はあまり深く考えずに頭に浮かんがことをそのまま書いてしまったほうがスピードが上がります。

 

大抵の人は記事を書く作業と確認する作業を同時並行で行ってしまいます。

 

1文書いたら、「文章おかしくないかな?」「間違ったこと書いてないかな?」など確認してしまうんです。

 

書いて、確認してを1文ずつ行っていたらすごく時間がかかってしまいます。

 

なのでフリーライティングという手法なのですが「頭に浮かんだことを深く考えずにスラスラ書いていく」ということをやれば記事作成スピードは劇的に向上します。

 

一通り書いた後に記事の修正を行えば全く問題ないです。

 

むしろこっちのほうがスピードも上がるし記事を全体的に見直すので内容の流れなどを把握しやすくなります。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

 

記事を毎日書くのが億劫でしょうがないという方は今回紹介したコツのようにタスクをしっかりと細分化して効率的にこなしていってみましょう!

 

フリーライティングについては一度、ハマると楽しいですよ!

 

ランナーズハイのような気分を味わえます!

 

あと最後に、記事の保存はこまめにしておきましょうね!

 

PCがフリーズして書き直しなんてことが起こらないように注意しておくことも大切です!