ソーシャルメディアとの連動で集客力アップ!

アフィリエイトで成果を上げるためにはアクセス数を集めることが重要です。
しかし、アフィリエイトサイトを始めたばかりの方にとって、アクセス数を集めるのは簡単ではありません。
そこで、アクセスを集めるための方法としてSNSと連携する方法があります。まだ記事数の少ないサイトであれば、ユーザーはもちろん、検索エンジンにも引っかかってきません。検索エンジンからでは、拾えないユーザーを獲得することも可能ですので、アカウントを作成してサイトと連動させてみましょう。

SNSとは?

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)は、インターネット上で人との繋がりを広げ、情報交換や会話を楽しむコミュニティ型のWebサービスです。近年では様々な特色を持ったSNSが登場し、ライフスタイルに合わせた利用が多くなっています。

  • ・いいね!、コメント、シェア
    などの交流機能が充実
  • ・実名登録が基本
  • ・高年齢層の利用者率が他のSNSツールよりも高い

  • ・140文字以内の限られた文字数
  • ・利用者の多くが10代の若者
  • ・ハッシュタグやリツイート機能による拡散ができる

LINE(ライン)

  • ・利用者の年齢、性別、職業に
    偏りがない
  • ・個人的な繋がりが強い
  • ・日本国内で一番利用されている
    SNS

設定方法の詳細はこちら

Instagram(インスタグラム)

  • ・写真投稿がメイン
  • ・他のSNSツールに比べて拡散性が低い
  • ・ユーザーの多くが若い女性

他にもこんなソーシャルメディアがあります。
mixi、Google+、MixChannel、TwitCasting、LinkedIn、Pinterest、Flickr、YouTube

自分のサイトを知ってもらうキッカケが生まれる

通常、ユーザーからアクセスしてもらい、興味を持ってもらえば定期的なアクセスが期待できますが、アフィリエイトを始めたばかりのサイトは記事数が少ないため、検索エンジンにも引っかかりません。
したがって、ユーザーにサイトを見つけてもらうまでが大きな壁ともいえます。

そこで、利用者数の多いSNSにサイト情報を公開することで、自分のサイトへアクセスを流すことができます。また、SNSにはシェアしたり、拡散する機能がついているので、フォロアーを増やせればフォロアーが記事を積極的にを拡散してくれるので、更なるアクセス数が見込めます。

シェアされるためのタイトル・説明文テクニック

どんな人に向けた記事なのか
一番重要なのは、読み手に興味を持ってもらえるタイトルをつけること。SNSではタイムリーに多くの記事が更新されます。その多くの記事から自身の記事を読んでもらうためには、大衆に向けての記事よりもターゲットを明確にしたタイトル・説明文にすることで関心を持ってもらうキッカケになります。
説明文には記事の内容を簡潔に!
SNSの代表格ともいえるTwitterを例に挙げてみると、Twitterでツイートできる文字数は140文字です。この文字数には、伝えたいことを伝えるのに最適な文字数であるという理由からきているそうです。この限られた文字数の中に、記事の内容を簡潔に書いてみましょう。また、問いかけ具体的な数字などを入れることで読み手の興味を一層深めることができます。

スマホからのアフィリエイト成約率は50%を超えており、スマホでの集客は非常に重要です。
スマホ利用が多いSNSを使って集客を増やしてみましょう!